スライドドア【軽自動車の車検費用】

軽自動車 車検

軽自動車の車検は新車を購入した際は3年後に実施をしますが、それ以降は2年ごとに実施をしなければいけません。
そのため、長期的に見れば維持費の中でも大きな割合を占めます。
自分に合った場所で車検を行うことで少しでもお得に車検を行いましょう!

車検の種類

車検の種類には、「新規検査」「継続検査」「構造等変更検査」の3つがあります。

一般的に車検と呼ばれるのは「継続車検」です。それ以外は参考程度に見ておいてください!!

新規検査

新車を購入した際や一度廃車にした自動車に対して実施をする検査です。 

継続検査

一般的に「車検」と呼ばれているものです。新車の場合は3年後に実施、それ以降は2年ごとに実施をしなけらばいけません。 

構造等変更検査

所有している車両に対して、長さ、幅、高さ、最大積載量、車体の形状、乗車定員、燃料の種類などを変更をした場合に受けなければいけない検査です。通常、あまり受けることがない検査です。 

 

車検の費用

車検の費用には、「法定費用」「点検・整備費用」の2種類があります。このうち「法定費用」に関しては法律で支払うことが求められており、また、費用も定められた額を支払うこととなります。

つまり、「法定費用」に関してはどこで車検を受けても金額はかわりません。そのため、金額を比較するうえで考えなければいけないのは「点検・整備費用」となります。

まず、「法定費用」の説明をした後に、「点検・整備費用」を見てみましょう!

 

法定費用

「法定費用」には、「自賠責保険」「自動車重量税」「検査手数料(印紙代)」の3つがあります。

項目 費用
自賠責保険 26,370円
自動車重量税 8,800円
検査手数料(印紙代) 1,400円
合計 36,570円

「自賠責保険」とは、「強制保険」とも呼ばれており、必ず加入をしなければいけない保険です。

「自動車重量税」とは、自動車重量税法により納付が義務付けられている税金です。重い自動車ほど、道路を傷めるので支払額が高くなっています。

「検査手数料(印紙代)」とは、財務省が発行する証票のことです。 経済的な取引のために作成される文書に課税される税金のことです。

これらの支払いは法律で義務づけられているため、どこで車検を受けても必ず同じ額を支払うこととなります。

そのため、車検費用を比較する上で検討しなければいけないのは、次に解説をする「点検・整備費用」です!!

車検の依頼場所(点検・整備費用)

一言に車検を受けるといっても、実は様々な場所で受けることができます。どこで受けるかによって金額が異なることはもちろん、特典やアフターサービスも異なります。

ここからは、どこで車検を受けることができるのか、金額はいくらなのかなども含め、それぞれのメリットとデメリットを説明します!

・ディーラー 車検
・専門店
・カー用品店
・ガソリンスタンド
・民間整備工場
・ユーザー車検

ディーラー車検

そもそも「ディーラー」とは、特定の自動車メーカーの車を直接的に販売・メンテナンスするお店のことです。通常の販売店であれば、様々なメーカーの自動車を扱えるのに対して、ディーラーは特定のメーカーしか扱えませんがその分有利な条件での仕入れや特定地域での独占販売権などが与えられています。

また、特定の自動車に特化をしているため、、取扱い車種に対して専門的な知識があります。

ディーラーでの点検整備費用の相場は約3万円から4万円ほどです。単に車検に通すための整備を行うだけではなく、次の車検まで安心して運転できるようにするために必要な整備を行ってくれます。

つまり、車検に通すだけであればしなくても良い部分でも、安全性を高めるために必要な部分は整備をしてくれます。その分、車検の費用が高くなる傾向があります。また、専門性があるため整備に対して信頼が持てます。

車検に通すだけの整備を求めるなら他の業者での車検を、高くても安全性を優先するのであれば、ディーラーでの車検を行いましょう!!

ディーラー車検のメリット

  • 取扱いメーカーの自動車に対して専門的な知識を持っている
  • 車検以外の部分も整備をしてくれる
  • 保証期間が長く、その後の不具合にも対応してくれる

ディーラー車検のデメリット

  • 車検以外の部分の整備を行うため費用が高い
  • 車検を終えるまでの期間が3~5日もかかる
  • 取扱いメーカー以外の車検ができない

専門店車検

車検専門店車検専門店とは、その名のとおり車検を専門に行っている専門店のことです。ホリデー車検やEPARK車検などが有名です。費用の相場は1万円から2万円とディーラー車検に比べて大幅に安いです。

車検に通すための整備だけのため、費用が低く抑えられています!!また、専門の整備士が実施をするため信頼ができます!

車検に通すための整備のみでいい!という方は専門店での車検をオススメします!

車検専門店のメリット

  • 費用が安く、整備時間も早い
  • 様々なメーカーの車種に対応している
  • 店舗数が多く、全国で受けられる
  • 早割などの特典を利用できる
車検専門店のデメリット

  • 車検に必要な整備のみしか行わない(その他はオプション)
  • 証明書が後日送付となる

カー用品店での車検

カー用品店イエローハットやオートバックスなどのカー用品店でも車検を受けることができます。費用の相場は2万円から3万円です。

専門店と同じく、車検以外の整備は基本的に行いません。また、カー用品の割引などの特典が付いてくるのも嬉しいですね!

カー用品の購入予定がある方は、カー用品店での車検をオススメ!

カー用品店のメリット

  • カー用品の割引などの特典がついてくる
カー用品店のデメリット

  • 車検に必要な整備のみしか行わない(その他はオプション)

ガソリンスタンドでの車検

ガソリンスタンドガソリンスタンドでの車検の相場は3万円から4万円です。一日車検などを利用すれば短時間で済ますことができます。

ガソリンスタンドのメリット

  • 一日車検などを利用すれば短時間で済む
  • タイヤやガソリンの割引などの特典がある
ガソリンスタンドのデメリット

  • 外注などの場合は整備状況がわからない

民間整備工場での車検

民間の整備工場で実施をする場合の費用の相場3万円から4万円です。整備を主な仕事としているため技術力があります。ただし、土日祝に行っていないことが多い点は要注意です。

整備工場と日頃から付き合いがある方にはオススメです。

民間整備工場のメリット

  • 様々な車種に対応している
  • 修理が必要な場合は安く仕上げていくれる
  • 整備が主業なため、技術が高い
民間整備工場のデメリット

  • 土日祝は休業していることが多い。

ユーザー車検

ユーザー車検とは、ユーザー自身が運輸支局等に自動車を持ち込んで車検を受けるというものです。当然、点検の費用はかかりませんが、整備や手続きなどは自分で行う必要があります。そのため、専門的な知識が必要となります。
日頃から自身で整備を行うなど専門的な知識を持っている人にはオススメです!

ユーザー車検のメリット

  • 費用が掛からない
ユーザー車検のデメリット

  • 整備や手続きを自分で行わなけらないけない

このように様々な場所で車検を受けることができます。

自分に合った場所で車検を受けることで少しでもお得に車検を受けましょう!!

 

車検の見積もりをしてみよう!!

楽天車検ならお住まいの地域の近隣で車検ができるところ一発比較。その中から最安値が見つかります!さらに楽天ポイントが貯まるのでダブルでお得!もちろん、見積無料です。

 

 

中古車の在庫を探そう!!


新車の購入を検討している方も比較のために中古車見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

展示品や試乗車などオプションが装備されおり、状態の良いものに出会えるかもしれません。


⇒中古車検索は3分で可能ですガリバーがあなたに合った中古車を探します!

 

買い取り査定をしてみよう!!

車を購入するお店で下取りに出すと下取り価格を高くして、その分を値引額が下げられてしまい、結局は損をしてしまいます。

損をしないためには、まずはネットで査定をして金額を確認しからお店に行きましょう!!


⇒楽天で一括無料査定。見積もり依頼は3分で完了!楽天があなたの愛車を高額で買い取ります!

 

シェア