【軽自動車の車庫証明を申請する】方法

軽自動車 車庫証明

軽自動車を購入した際に必要になるのが”車庫証明“です。

聞いたことはあるけど、そもそも車庫証明ってなんなの?
必要なの?不要なの?どうやって申請するの?

今回は、そんな”車庫証明“の疑問にお答えします!

車庫証明とは

普通車の手続きは「保管場所証明申請」と言い、軽自動車の手続き上は「保管場所届出」と言われます。

正式には「自動車保管場所証明」といい、新車・中古車を問わず、車を購入した際には、きちんと保管場所を持っているということを証明しなければいけません

その証明書の役割を果たすのが、「車庫証明」なのです!

車庫証明が必要な車種は、「自動車の保管場所の確保等に関する法律」で定められており、二輪車を除くすべての自動車が必要な車種とされています。

ただし、軽自動車に関して、車庫証明は必要な地域と不要な地域がありますので、「一般社団法人 全国軽自動車協会連合会」の公式HPでご確認ください。

車庫証明が必要なケース

①新車を購入して、登録をする際に必要
②引っ越しなどにより車を使用する場所が変わった際に必要
③中古車などを譲り受けて、名義を変更する際に必要

車庫証明が取れる条件

①保管場所が本拠地から直線距離で2km以内であること
②保管場所が道路から出入りすることができて、車全体が格納できること
③保管場所の所有権を自動車の持ち主が有していること

必要な書類

①申請書(自動車保管場所証明申請書及び保管場所標章交付申請書)
⇒各都道府県の警察署HPからダウンロードが可能

②所在図・配置図
⇒略図を記入。グーグルマップなどからの印刷でも可。
車庫と自宅間の直線距離を記入して距離記載します。

③保管場所使用承諾証明書(保管場所を借りている場合に必要)
⇒保管場所を所有していることを証明する書類。大家さんに記入及び捺印をしてもらいます。

④使用権原疎明書面(保管場所が事故所有の場合に必要)
⇒保管場所を有していることを証明する書類。

⑤印鑑

⑥その他
申請者の住所等と自動車の使用の本拠の位置が異なる場合には、使用の本拠の位置を証明する書類が必要(例:公共料金の領収書、郵便物など)

上記の書類に必要事項を記入して、警察署の窓口に提出をして完了です。

申請後、中1日から3日程度で交付されます。

罰則

手続きをしなかったと場合や、虚偽の申請をした場合は5万円以下の罰金となりますので、
しっかりと正確に申請をしましょう!

費用

費用に関しては、自身で行うのか、代行をするのかで金額が異なってきます。
詳細は下記の金額をご参照ください。

・自動車販売店などで手続きを代行 15,000円程度
・行政書士に依頼した場合 10,000円程度
・自分で実施 500円程度

 

以上、軽自動車の車庫証明に関する情報でした!!

シェア