軽自動車の【洗車方法】!洗い方の【コツ】教えます!

軽自動車の洗車

軽自動車は少しおいておくと黄砂などですぐに汚れてしまいます。

汚れを落とそうと洗車をしても、なかなか汚れが落ちない。。水分が変な乾き方をしてしまい、逆に汚れてしまったような。。。

そんな方のために正しい洗車方法とコツをお教えします!ぜひ参考にしてください!

洗車機と手洗いどちらが良いのか!?

結論から言いますとやはり手洗いの方が良いと思います!確かに洗車機は専用の道具を必要とせず、短時間で完了できるのは魅力です。しかし、洗車機の場合、力の加減ができないため、どうしてもキズができてしまうのです。

また、水分は落としきれないため、自分で噴き上げる必要がありますが、備えつけられているのは普通のタオルのため、キズが付きやすいです。

そのため、結局はマイクロファイバーなどのクロスを用意して噴き上げなければいけません。

手洗いに関しては、専用の道具を自前で揃えなければいけないですし、洗い方に慣れるまでは面倒かもしれませんが、慣れてしまえば、傷もつかず、きれいな状態がより長持ちします!

楽せず、手洗いで洗車しましょう!

手洗いに必要な道具とは!?

手洗いをするのはいいけれど、具体的に何を用意すればいいかわからない。。そんな方も多いのではないでしょうか。

具体的に使用するものは下記の6つです。
スポンジ:カーシャンプーの泡をつけて洗車をするために使用します。
バケツ&ホース:車体を洗う際もしくは、カーシャンプーを泡立たせるために使用します。
カーシャンプー:車体を洗う際に使用します。
マイクロファーバークロス:洗車後の水分を拭き取るために使用します。
タイヤの艶だし剤:タイヤの劣化をおさえ、新車のような艶を出すために使用します。
コーティングスプレー:水はじきをよくするために使用します。

 

洗車のステップを学ぶ

(1)タイヤとホイールを洗う

(2)ボディをシャンプーで洗う

(3)ボディをすすぐ

(4)水分を拭き取る

洗車のステップは大枠、上記の(1)~(4)のステップで進めます。

(1)タイヤとホイールを洗う

洗車をする際に、最初からボディーを洗おうとする方が多いですがこれはNGです。

タイヤやホイールには頑固な泥や油汚れがついていますのでこちらを先に洗いましょう。

まずは、軽くタイヤを水で流します。

この際にホースのジェット水流を使用しないようにしてください。

ジェット水流を使用すると小さな砂や小石が飛び、ボディをキズつけてしまうことがあります。

また、ブレーキ周りに水を掛けすぎるのも、足回りのダメージにつながるのでNGです。必ず、緩めのシャワーで軽く洗い流してください。

スポンジとシャンプーで洗う

バケツに水とカーシャンプーを入れ、ジェット水流で泡を作ります。

泡ができれば、スポンジの泡をつけてタイヤのホイールを洗います。この際にタイヤに洗剤を長時間つけたママにすると劣化に繋がるので注意しましょう。

シャンプーを水で洗い流す。

タイヤに残ったシャンプーを水で軽く洗い流します。この際にもジェット水流はNGです。

 

(2)ボディをシャンプーで洗う

ボディーを洗う際に、いきなり泡をつけてボディーを洗う方がいますがこれはNGです。

まずは、ボディーを水で洗い流し、キズの原因となる砂やホコリを取り除きます

ボディを水で洗い流す。

洗い方は簡単です。ボディーの上部あら下部に向けて順に水で洗い流していきます。

車体の大きな自動車を洗う際は脚立があると便利です。脚立にはタオルなどを巻いて車が傷つかないようにしておくのも良いでしょう。

カーシャンプーには「車のコーティングの有無」や「ボディカラー」別のものがあります。用途にあったものを選んでください。

Amazonにカーシャンプーのおススメランキングや口コミが掲載されていますので参考にしてみて下さい!

⇒Amazon【カーシャンプー】売れ筋ランキング

スポンジは、キズを防ぐため、タイヤを洗ったものとは別のものを使用してください。

ポイント
①バケツで泡を作る際は、できるだけ細かな泡を作るスポンジとボディーの摩擦を少なくするため 
②気温が高い日は、小まめに水で洗い流す ⇒水分と同じく、シャンプーも乾いてしまうと跡が残るため

(3)ボディをすすぐ

泡残っていると水垢になるため、泡が残らないようにしっかりとシャワーで洗い流します。

洗剤が残りやすい場所
・サイドミラー
・ドアノブ
・ボンネットの隅っこ
・トランクの隙間

上記は洗剤が残りやすい場所なので、しっかりと洗い流してください。

(4)水分を拭き取る

最後に、ボディーに残された水分を拭き取ります。必ず、乾ききる前に拭き取ってください。

乾ききってしまうと水垢が残ってしまいます。ボディーを拭き上げる際にはマイクロファイアーが一番良いです。吸水性に優れており、力を入れずとも簡単に水分を拭き取れます。

タイヤ拭き上げ後に艶出しスプレーを使用する

タイヤの拭き上げが終わったあとは、タイヤの艶だしスプレーを使用してみて下さい。艶ができ新品さながらすっきり気持ちよいです!

おススメは「カーメイト 車用 タイヤワックス 超艶 ブライトマジック 2本セット 480ml C34W」です。

スプレータイプでつけやすく、価格も安いので重宝しています。

ボディの拭き上げ後にコーティングスプレーを使用する

ワックスを使用する方も多いかと思いますが、初心者の方にワックスはおススメしません。

理由としては、ワックスは一度塗るとに二回目以降は削ってから再度塗らないといけません。削らずに使用すると色むらになりかえってボディーが汚れて見えるのです。

また、湿度や気温によって使えないなど、実は扱いにくいのです。そのため、初心者の方にはコーティングスプレーをおススメします。

Amazonにコーティングスプレーのおススメランキングや口コミが掲載されていますので参考にしてみて下さい!

⇒Amazon【コーティング剤】売れ筋ランキング

以上が、洗車の方法です!

はじめは、慣れずに時間がかかるかもしれませんが、ピカピカにキレイになった後はすごく気持ちいいですよ!

ぜひ、手洗いにチャレンジをしてみて下さい!

 

シェア