軽自動車の【廃車手続き】どこよりもわかりやすく説明します!

軽自動車の廃車書類

軽自動車を廃車にするのは勇気がいりますよね。長年連れ添ったマイカーを手放すのは寂しい。。

そもそも軽自動車の廃車手続きってどのようにするのだろうか??

どこで手続きするの?必要な準備物は?費用は?その疑問にすべてお答えします。

軽自動車の【廃車】には【解体返納】手続きが必要

まず手続きに行く場所ですが、普通車の場合は運輸支局(または陸運局)ですが、軽自動車の場合は「軽自動車検査協会に行って手続きを行います。

厳密には「廃車」という手続きはなく、「解体返納」という手続きを行うことになります。

もちろん、手ぶらで言っても手続きはできないので事前に必要書類を準備しなければなりません。

事前に準備するもの
①自動車検査証(車検証) 原本※コピー不可
②自動車検査証(車検証)の使用者欄に記載されている方の認印または署名
③自動車検査証(車検証)の所有者欄に記載されている方の認印
④ナンバープレート(車両番号標)前後2枚
⑤「リサイクル券番号及び解体報告記録のなされた日」の分かるもの
⑥自動車検査証(車検証)の所有者欄に記載されている方の個人番号カード
※「個人番号カード」が無い場合は、通知カードと運転免許証で本人確認ができます
⑦還付金の振込先口座情報(控え)
窓口で入手するもの
⑧解体届出書軽第4号様式の3
⑨軽自動車税(種別割)申告書(報告書)

 

自動車検査証(車検証)

軽自動車車検証出典:軽自動車検査協会


「車検証」とは軽自動車の所有者や使用者が記載されていたり、この軽自動車が車検時に自動車保管基準に適合していたことを証明する公文です。

車検証がないと公道を走ることができません。多くの場合は軽自動車のダッシュボードに入れていることが多いです。

もし、車検証を無くした場合は、軽自動車を購入したお店もしくは、お近くの「軽自動車検査協会」で再発行の手続きが可能です。

お店で依頼をする場合は手数料として数千円を支払わなければなりません。自身で実施をする場合は手続きが面倒ですが、発行料数百円で済みます。

「リサイクル券番号及び解体報告記録のなされた日」の分かるもの

軽自動車リサイクル券出典:自動車リサイクルシステム

「リサイクル券」とは「自動車リサイクル法」で定められたリサイクル料金がきちんと払われたことを証明する証明書です。

自動車を廃車にする際にはすべての人が必要になる証明書です。自動車の購入時に「リサイクル券を購入する」という形をとっています※軽自動車を購入した際の明細に「リサイクル券」という項目があったと思います。

もし、紛失をされた場合も再発行が可能です。「自動車リサイクルシステム」のホームページで車検証に記載されている「車体番号」や「登録番号」を入力することで再発行ができます。

『「解体報告記録のなされた日」の分かるもの』とは解体業者などから事前に受けとった解体報告書などです。

つまり、軽自動車検査協会で手続きをする前に軽自動車の解体(処分)を済ませておかなければいけません

先に軽自動車検査協会で【解体返納】手続きをしてから解体(処分)をしようとしても、検査協会での手続きの際にナンバープレートの提出が必要のため、車で帰ることができないのです。

還付金の振込先口座情報(控え)

還付金とは、自動車重量税の還付金のことです。

自動車リサイクル法に基づき適切に自動車が解体され、解体届と同時に還付の申請が行われた際に車検残存期間に対応する自動車重量税が還付されます。車検残存期間が1か月以上ないと還付されません。また、自動車重量税以外の税金は還付されません。

窓口で記載する書類

「解体届出書軽第4号様式の3」に関しては、軽自動車検査協会の各窓口で入手できるほか、軽自動車検査協会のホームページからダウンロードすることも可能です。

軽自動車の廃車書類出典:軽自動車検査協会

軽自動車税(種別割)申告書(報告書)に関しては、軽自動車検査協会の各窓口でのみ入手できます。

事前準備物がきちっと揃っていれば、記入自体は難しくなく、窓口の方も丁寧に教えてくれますのでご安心ください。

また、【解体返納】の手続きに関しては申請手数料が「無料」でできます。

でもやっぱり自分での手続きは不安。。。手続きが煩雑でめんどくさい!という方もいらっしゃるかと思います。そんな場合は、手数料がかかりますが、解体業者やスクラップ業者などに依頼するのも一つの方法です。

以上が軽自動車の廃車(解体返納)手続きの方法でした。

 

中古車の在庫を探そう!!


新車の購入を検討している方も比較のために中古車見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

展示品や試乗車などオプションが装備されおり、状態の良いものに出会えるかもしれません。

 

⇒中古車検索は3分で可能ですガリバーがあなたに合った中古車を探します!

 

買い取り査定をしてみよう!!

車を購入するお店で下取りに出すと下取り価格を高くして、その分を値引額が下げられてしまい、結局は損をしてしまいます。

損をしないためには、まずはネットで査定をして金額を確認しからお店に行きましょう!!


⇒楽天で一括無料査定。見積もり依頼は3分で完了!楽天があなたの愛車を高額で買い取ります!

シェア