ダイハツ タントの評価・レビュー

<概要>
メーカー ダイハツ
車名 タント
燃費 26.0~28.0km/l
エコカー減税 100%
<主要スペック>
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1750mm
最小回転半径 4.4
室内長 2200mm
室内幅 1350mm
室内高 1365mm
重量 940kg
<価格>
新車価格 121~188万円
中古価格 50~145万円

タントの口コミ





 

 


タントの特徴


2003年に登場をしたタントは、現在の軽自動車の主流のプチバンとも言える子育て世代に嬉しいモアスペース系の先駆者。

最大の特徴は軽自動車で最大級の高さ(全高1750mm)を生かした快適空間に、ミラクルオープンドアと両側スライドドアの採用により荷物の出し入れや人の乗り降りのしやすさを追求している点です。

また、安全性テストにおいても高い点数が出ており、まさに子育て世代に向けた軽自動車だと思います。

販売台数に関しては常に安定した販売実績を出しており、継続的に愛されている軽自動車です。一般社団法人「全国軽自動車協会連合会」が公表をしている軽自動車の月別販売実績において、常に2位から3位にランクインをしていることからも人気の高さがうかがえます。

また、最小回転半径が4.4mと同じスライドドア軽自動車との比較で1位の小回りの良さのため、狭い道路で運転がしやすいことから、運転が苦手な方にも人気があります。

更に、中古車の販売価格も走行距離や年式にこだわらなければ、20万円代の後半から豊富に揃っているため、非常にお手頃な軽自動車であることも人気の要因なのかもしれません。

燃費性能はJC08モード燃費で28km/L。軽自動車の中では上位に位置しており、経済性の高さを備えています。燃費の向上に一役買っているのが「新エコアイドル」という機能。

これは、自動車が停車に向けて減速した場合に自動でエンジンを停止させ、逆に停車から発信する際は瞬時にエンジンを始動するという機能です。この機能により燃費性能を向上させました。

タントの室内空間・荷室空間


軽自動車における最大級の全高(1750mm)から生み出される室内空間はタントの特徴の一つです。特に後部座席周りが広く、身長170cmのドライバーの運転姿勢基準で膝周りの空間は約35cmにもなり、ミニバンと同等の広さを誇ります。

仮に助手席を最大まで前にスライドさせた場合は後部座席の空間が約70cmにもなります。それにより、後部座席での子供の世話や乗り降りをさせる際にもストレスなくできるようになっています。

※画像は公式HPから引用

荷物は室内空間に乗せることを前提として設計がされているため、荷室空間に関しては狭めの設計になっています。ただし、シートのレイアウトを変更するだけで自転車が一台そのまま積み込めるスペースが室内に確保できます。

その他にも、花粉やPM2.5などの塵を取り除く「スーパークリーンフィルター」や、飲み物などの水分からシートを守る撥水シートなど、子供がいるファミリーには嬉しい機能がついています。

※画像は公式HPから引用

タント最大の特徴が「ミラクルオープンドア」です。ピラーレス方式を採用することで、助手席側の前席と後席の間に設置されている柱を取り除き、最大開口幅1,490mmを実現(助手席と後部座席の扉を開けた状態)。

また、ステップ高を330mmと低く設定するなど、人の乗り降りと荷物の出し入れのしやすさをとことん追求しています。

 

※画像は公式HPから引用

タントのスライドドア


※画像は公式HPから引用

また、「両側パワースライドドア」を採用することにより、ドアをワンタッチするだけで開錠や開け閉めが可能です。更に、電子キーや運転席のスイッチでも開け閉めができるため、荷物で両手がふさがっている際や、子供を抱えている状態でもラクにドアの開閉が可能です。

※画像は公式HPから引用

更に、半ドアの状態になると自動で全閉になる機能や、ドアの開閉時に一定の力が加わるとドアが反転する挟み込み防止機能など、子供の乗り降りをサポートする装備が備わっています。

ちょっとしたことですが、目が離せない子供を乗せる際には助かる機能がついています。

 

タントの安全性


※画像は公式HPから引用

ファミリー世代にとって安全性能は非常に気になる基準です。タントには「スマアシⅢ」が装備されており、大きく3つの機能が備わっています。

  • 衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能
衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能

 

 

※画像は公式HPから引用

走行中、センサーが前方に障害物(車や人)を感知すると音で注意喚起。それでも衝突の危険性が高まると緊急ブレーキにより減速をする機能です。

100%事故を防げる訳ではないですが、「緊急ブレーキのおかげでわき見運転の事故を回避できた」「渋滞の際に居眠りをしてしまい、衝突しそうになったが警報音で目が覚めた」などの口コミも多数見受けられます。

車線逸脱警報機能

※画像は公式HPから引用

約60km/h以上で走行している際で車線を逸脱しそうになると警報音で知らせてくれる機能です。

誤発進抑制制御機能

※画像は公式HPから引用

前後に障害物があるにも関わらず、必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合に急発進を抑制してくれる機能です。

その他にも、先行車が発進した際に、ブザーとメーター内表示でしらせてくれる機能や、前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる機能などの安全機能が盛り込まれています。車線オーバーやペダルの踏み間違いなど、誰もが一度は経験したことがあり、重大な事故にも繋がりかねないため、こういった機能がついていることは大切ですね。

また、独立行政法人の「自動車事故対策機構」が行っている安全性能試験において、他のスライドドア軽自動車と比較して総合得点で2位を記録。特に、乗員の保護性能においてトップクラスの数値を出しました。

更に、ブレーキのスリップ試験に関しても、乾燥路面、湿潤路面共に滑りにくさが記録され、安全性が証明されました。乗車している人に対する安全性が高い点は、大事な人を乗せることが多い車選びでは重要なポイントですね。

広い室内空間に高い安全性のタント。お子様を乗せるうえで是非、検討をしてみてはいかがでしょうか。

 

中古車市場

タントは発売当初から広い室内空間と「ミラクルオープンドア」を特徴としてアピールし、現行の車種に引き継がれてきました。そのため、初代と2代目の車種でも十分に満足できると思います。

また、発売当社から継続的に販売台数を売り上げているため、状態の良いものも多く中古車市場に出回っています。そのため、走行距離が2万km以下の状態の良い車種でも60万円前後と新車の半額以下の金額で購入することができます。

カーナビやETCなどのオプションが装備されている中古車を狙えば、更に安く購入することができるかもしれません。

広い室内空間に高い安全性のタント、是非、検討してみてはいかがでしょうか!!

 

中古車の在庫を探そう!!


新車の購入を検討している方も比較のために中古車見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

展示品や試乗車などオプションが装備されおり、状態の良いものに出会えるかもしれません。


⇒中古車検索は3分で可能ですガリバーがあなたに合った中古車を探します!

 

買い取り査定をしてみよう!!

車を購入するお店で下取りに出すと下取り価格を高くして、その分を値引額が下げられてしまい、結局は損をしてしまいます。

損をしないためには、まずはネットで査定をして金額を確認しからお店に行きましょう!!


⇒楽天で一括無料査定。見積もり依頼は3分で完了!楽天があなたの愛車を高額で買い取ります!

シェア