スズキ スペーシアの評価・レビュー

 

スポンサーリンク

<概要>
メーカー スズキ
車名 スペーシア
燃費 26.4~30.0km/l
エコカー減税 25~75%
<主要スペック>
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1785mm
最小回転半径 4.4m
室内長 2155mm
室内幅 1345mm
室内高 1410mm
重量 850~900kg
<価格>
新車価格 133~153万円
中古価格 75~140万円

スペーシアの口コミ





 

 


スペーシアの特徴


2013年に発売をしたスペーシア。現状はライバルのN-BOXやタントと販売台数には差がでてしまっています。N-BOXには広い室内空間があり、タントには片側の開口幅が1490mmにも達するミラクルオープンドアがあります。

スペーシアには目立った特徴はありませんが、それが最大の特徴である燃費の良さを生み出しました!無理に室内空間を広げたり不要な装備をつけると車体が重くなってしまいます。

スペーシアは余分なものを搭載していないため、N-BOXやタントと比べて約100kgも軽量化をすることができました。

軽量化とSエネチャージといった独自技術が相まって、スライドドア軽自動車でトップクラスの32.0km/Lという燃費性能が実現されました!ガソリンは車を持つ限りかかる費用のため、少しでも燃費性能が良い方が、家計にやさしく、有難いですね。

※画像は公式HPから引用

スペーシア最大の特徴は優れた燃費性能です!Sエネチャージの採用によりJC08モード燃費で32.0km/Lという驚きの数字を出しておりスライドドア軽自動車でダントツのNo1です!!

この燃費性能を可能にしているのは、モーター機能付き発電機のISGとSエネチャージ車専用のリチウムイオンバッテリーです。

車が減速をしている際、ISGで発電を行いその電力をリチウムイオンバッテリーに充電。発信後~加速をする間は、充電をしたバッテリーからISGに電力を送り、ISGがエンジンをアシストしているのです。

また、速度が13km/h以下になると自動でエンジンを停止する「新アイドリングストップシステム」を導入。低速から停止をするまでの余分な燃費もカットしています。これらの結果、軽自動車で最高レベルの燃費性能を実現しています。

 

スペーシアの室内空間・荷室空間


※画像は公式HPから引用

室内長2215mm×室内幅1320mm×室内高1375mmと同じクラスの軽自動車と比較してもそれほど広いという訳ではないですが、後部座席が最大170mm動くリヤシートになっていたり、リヤシートの折り畳みを2段階にすることでリヤシート自体を収納できるようにするなど、室内空間を生かす工夫がされています。

また、「フルオートエアコン」に「ナノイー」が搭載されているため、花粉やアレル物質の抑制はもちろん、菌やウィルスの除菌も行ってくれまし、臭いの消臭や肌と髪に潤を与えるなどの効果が期待できるのです!!花粉やPM2.5などが心配されるこの時期には大変助かる機能ですね!!

スペーシアのスライドドア


荷物の積み下ろしを考慮した両側スライドドアを採用。ドアが開閉している際に荷物や乗員を挟んだ場合には逆方向に自動で動く挟み込み防止機能や半ドア状態になると自動で閉まるイージークローサー機能をオプションで装備が可能。

また、両手が荷物などでふさがっている際に助かるワンタッチ開閉も搭載可能。もちろん、リモートキーや運転席からボタンワンタッチの開閉もできます。

※画像は公式HPから引用

スライドドアの開口幅は580mmとそれほど広くはありませんが、スライドドアの振り出し量(開けた際のでっぱり幅)は軽ハイトワゴンで最小の150mm。そのため、狭い駐車場などでも安心して開けることができます。

また、リヤステップの地上高が340mmと軽ハイトワゴンでNo1の低さのため、お子様の乗り降りもラクに行うことができます。このように、スライドドアに関しては開口幅以外の部分で付加価値をつけているようです。

 

スペーシアの安全性


スペーシア安全面での最大の特徴は「デュアルカメラブレーキサポート」と「全方位モニター」です。

デュアルカメラブレーキサポート

※画像は公式HPから引用

人や車を認識するカメラが軽自動車で初めて2台搭載されており、その2台のカメラで物体を識別してブレーキのアシストや自動ブレーキを作動させるというものです。

通常はカメラが1台しかないですが、2台搭載されているため、より精度が高く人と車を識別できるのです。

その他にも、停車時のアクセルとブレーキの踏み間違い時の衝突を回避する際や車線を逸脱しそうになった際に警報音を発して知らせてくれる機能などもあります。

どれも事故に直結する出来事のため、これらの機能があるのは安心ですね!

全方位モニター

 

※画像は公式HPから引用

女性からの評価が高い「全方位モニター」。車外に取り付けられた4か所のカメラにより、車の周囲をモニターに映し、駐車時のサポートをしてくれます。縦列駐車が苦手な方もこの機能を使えば、ラクラク駐車することが可能です!

また、モニターの視点が全部で下記3パターンの切り替えが可能で不安な都度確認ができるので安心して駐車ができるようになります。視点を必要に応じて切り替えることで、より安全に駐車ができるようになります。

その他にも、「メモリーナビゲーション」に2万件以上の観光データ「るるぶDATE」が収録されているため、好きな時に好きなタイミングで観光地スポットなどを調べることが可能です。

また、クルマの中でiPhoneやAndroid搭載スマートフォンを快適に楽しめる「Apple CarPlay」、「Android Auto」に対応しているなど快適な空間づくりも行っています。

 

中古車市場


スペーシアは2013年に発売をしているため、すでに多くの中古車が出回っています。また、フルモデルチェンジを行っていないため、状態の良いものを探せば型落ちになりません。

展示品や試乗車といった新古車多く、装備が充実したお買い得品が見つかるかもしれません。

また、スズキがOEM供給をしているマツダのフレアワゴンであれば、マツダのエンブレム以外ほとんど同じなので、是非、候補に入れて頂ければと思います!!

 

中古車の在庫を探そう!!


新車の購入を検討している方も比較のために中古車見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

展示品や試乗車などオプションが装備されおり、状態の良いものに出会えるかもしれません。


⇒中古車検索は3分で可能ですガリバーがあなたに合った中古車を探します!

 

買い取り査定をしてみよう!!

車を購入するお店で下取りに出すと下取り価格を高くして、その分を値引額が下げられてしまい、結局は損をしてしまいます。

損をしないためには、まずはネットで査定をして金額を確認しからお店に行きましょう!!


⇒楽天で一括無料査定。見積もり依頼は3分で完了!楽天があなたの愛車を高額で買い取ります!

シェア