【高齢者におススメ】の軽自動車とは!?

高齢者の軽自動車

近年、高齢者の交通事故による痛ましい事故が報道される機会が増えました。

高齢者による事故は、現在どのような状況なのか

高齢者の事故を減らすためにも、高齢者に向いた軽自動車はどれなのか

警視庁が公表をしている資料をもとにおススメします!

高齢者の事故は増えている!

警視庁交通総務課の統計資料によると年間の交通事故の占める高齢者の割合は増加傾向にあります。

高齢者の割合は平成21年から平成30年まででおよそ6ポイントも上昇しており、今後も上昇すると考えらえます。

これは少子高齢化により高齢者の割合が増えていることも要因だと思いますが、そもそも、高齢者になっても車を運転する機会が増えていることも影響してます。

軽自動車の高齢者事故割合出典:警視庁交通総務課の統計資料

どのような事故が高齢者には多い?

高齢運転者の交通事故発生状況調査によると高齢者の事故における一番の原因は「発見の遅れ」によるもの(全体の82%)です。

これは、高齢者は自身では運転に注意をしているつもりでも、客観的にみると安全な運転ができておらず事故が起こってしまっているということです。

なぜ、高齢者自身は安全な運転ができないのか、それは「注意力や集中力が低下しているため」「瞬発的な判断力が低下しているため」など様々な要素がありますがその多くは身体的機能の低下によるものです。

このような要因のため、本人は「安全だから大丈夫」と思ってしまい、結果、重大な事故を起こしてしまうのです。

高齢者の事故を減らすには、判断力や瞬発力を補う機能がある軽自動車が必要なのです。

高齢者の軽自動車事故詳細出典:警視庁交通総務課の統計資料

安全性の高い自動車を選ぶ!

軽自動車には「自動ブレーキ」や「誤発進抑制機能」などの衝突安全機能が付いています。

自動ブレーキ」とは、軽自動車の車体についているカメラで人やモノを認識し、一定の距離以内であれば衝突を回避したり被害を軽減する機能です。

一方で「誤発進抑制機能」とは、停車時に軽自動車の車体についているカメラで前後の人やモノを認識し急ブレーキをかける機能です。

これらの機能に関して、すべての軽自動車で同じ内容というわけではないのです。

例えば、「自動ブレーキ」に関しても、車体についているカメラの性能により、車体の速度が何km/hまでであれば衝突回避になり、何km/hであれば被害軽減になるといった基準が異なります

各軽自動車ごとの性能の違いは、下記記事で説明してますので是非ご確認ください!

スライドドア軽自動車の【安全性ランキング】

「サポカー」や「サポカーS」に軽自動車を選ぶ!

「サポカー」や「サポカーS」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これらは、政府が高齢者の事故防止策の一環として生み出した言葉です。

簡単に言うと「自動ブレーキ」や「誤発信抑制機能」がしっかりと備わっている軽自動車につけられた名称で、機能の豊富さにより「サポカー」や「サポカーS」に分けているのです。

これらの名称がついている軽自動車に関しては最低限の安全機能がついているため、より安全性の高い軽自動車と言えるでしょう!

「サポカー」や「サポカーS」の詳細に関して、下記記事で説明してますので是非ご確認ください!

⇒スライドドア軽自動車の【安全性ランキング】

高齢者の事故に関しては、本人の自覚なしに起こってしまうことが多いです。

加害者と被害者がともに救われないことになるので、少しでも安全性能の高い軽自動車に乗ることをおススメします!

事故を減らすためにも、少しでも参考になればと思います!

中古車の在庫を探そう!!


新車の購入を検討している方も比較のために中古車見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

展示品や試乗車などオプションが装備されおり、状態の良いものに出会えるかもしれません。

 
 

⇒中古車検索は3分で可能ですガリバーがあなたに合った中古車を探します!

 

買い取り査定をしてみよう!!

車を購入するお店で下取りに出すと下取り価格を高くして、その分を値引額が下げられてしまい、結局は損をしてしまいます。

損をしないためには、まずはネットで査定をして金額を確認しからお店に行きましょう!!


⇒楽天で一括無料査定。見積もり依頼は3分で完了!楽天があなたの愛車を高額で買い取ります!

シェア