【チャイルドシートの選び方】どこよりもわかりやすく説明します!

軽自動車 チャイルドシート

チャイルドシートって色々と種類があってどれがいいのかわからない!

そもそもチャイルドシートって必要なの?つけなくても大丈夫?

そんな疑問にお答えします!



チャイルドシートは必要?

そもそもチャイルドシートは生後すぐから6歳未満の使用が義務づけられています。

道路交通法第71条の3第3項に、「自動車の運転者は、チャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗せて運転してはならない」ことが記されています。

この法律を守らないと「幼児用補助装置使用義務違反」になります。

この場合、反則金なし、違反1点の罰則です。

また、6歳以上の子供であっても体格などの理由によってシートベルトが正しくできない場合は、チャイルドシートの利用が推奨されています。

チャイルドシートなしで事故にあったらどうなるか。

チャイルドシートは必要そうだけど、価格も高いし、近場しか移動しないから、、、

そんな風に考えている方もいるかもしれませんが、チャイルドシートは必ず必要です。

チャイルドシートなしで急ブレーキをかけたらどうなるかJAFが行った実験映像です。

ご覧の通りです。チャイルドシート未使用時の死亡重症率使用時の約2.1倍です。

子供の命に直結することなので必ずチャイルドシートは取り付けましょう!

軽自動車 チャイルドシート 死亡率

チャイルドシートのサイズは?

チャイルドシートのサイズは大きく下記の3つです。体格による使い分けが必要です。

軽自動車 チャイルドシートの種類

乳児用新生児(0歳)から1歳(10kg未満)が対象。進行方向に対して、後ろ向きのタイプと横向きタイプの2種類が主流
幼児用1歳から4歳(18kg以下)が対象。幼児の首が据わり、自身で据われるようになるのが、使用はじめの目安
学童用4歳から10歳が対象(36kg以下)。25kg程度まではハイバックジュニアシートとして利用ができ、22kgからは台座部分のみ(背もたれを外して)使用することが可能

「Eマーク」ってなに?

「Eマーク」とは、国が定める安全基準に適合しているチャイルドシートに付与されるマークです。

対象の体重範囲や認可した国の番号などが記載されています。

簡単に言うと安全性に関して国のお墨付きの商品です。購入する際は「Eマーク」がついているものを選びましょう。

Eマーク

チャイルドシートのシートタイプは?

シートタイプは2種類「回転式シート」と「固定式シート」があります。

軽自動車 チャイルドシート 回転式シート

「回転式シート」とはその名の通り、シートが360°回転するタイプのもので、乗せ降ろしが非常に楽です。狭い駐車場などでドアを大きく広げにくい場所での乗せ降しの際は非常に便利です。

ただし、仕組みが複雑なので重量があるのが弱点です。

軽自動車 チャイルドシート 固定式シート

一方「固定式シート」は、仕組みが単純なので重量が軽く、持ち運びが便利です。

子供を乗せていないとき、急に誰かを乗せることになった場合が、取り外しがしやすく便利です。

ただし、乗せ降ろしがしにくいため、お子様が小さいときは少し面倒なのがデメリットです。

車への取り付けタイプは?

取り付けタイプは2種類「ISOFIX取付」と「シートベルト取付」です。

「ISOFIX取付」の場合は、小さい力で簡単・確実に取り付けが可能ですが、専用のコネクターが車についていないと取り付けができません。

軽自動車 チャイルドシート ISOFIX取り付け

一方、「シートベルト取付」の場合はほとんどの車種に取り付けが可能ですが、少し力が必要です。

軽自動車 チャイルドシート シートベルト取付

お持ちの車がどちらに対応しているか、購入前に必ず確認をしましょう。

チャイルドシート選びで見落としがちなのは「簡単に確実に取り付けられるか」という視点です。

チャイルドシート適正・不適正使用時の死亡重症率を比較すると約6倍も死亡重症率が変わります!

軽自動車 チャイルドシート 死亡率

意外とチャイルドシートはきっちり取り付けるのが難しいものが多いので、実際に実物を取り付けをしてみて、つけやすさを比べてみることも重要です!

以上がチャイルドシートの選び方です!

また、国土交通省最新のチャイルドシートに対して行った安全試験の結果を公表していますのでそちらを参考にしてもよいと思います!
※国土交通省「チャイルドシートアセスメント」

中古車の在庫を探そう!!


新車の購入を検討している方も比較のために中古車見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

展示品や試乗車などオプションが装備されおり、状態の良いものに出会えるかもしれません。

?

⇒中古車検索は3分で可能ですガリバーがあなたに合った中古車を探します!

買い取り査定をしてみよう!!

車を購入するお店で下取りに出すと下取り価格を高くして、その分を値引額が下げられてしまい、結局は損をしてしまいます。

損をしないためには、まずはネットで査定をして金額を確認しからお店に行きましょう!!


⇒楽天で一括無料査定。見積もり依頼は3分で完了!楽天があなたの愛車を高額で買い取ります!

シェア